« バレーボール☆ | トップページ | 仲良しライフガード!! »

2010年7月 7日 (水)

マニャガハ島のエコ活動

今日は、マニャガハ島エコ活動について報告致します。

ターシツアーズは、地球温暖化の要因とされている温室効果ガスの二酸化炭素(Co2)の排出量をオフセット(相殺)するプログラム(カーボンオフセット)を実践している「一般社団法人日本カーボンオフセットwww.co-j.jp」に2008年11月に入会。ツアー売上の一部をカーボンオフセットサービスに使用し、マニャガハ島の発電機から排出される二酸化炭素約180tの内、タ―シツアーズを利用される日本のお客様年間約3万8千人分(総入島数の約19%)として34tをオフセットしております。

2010年度のオフセット費用は、国連が承認した「インド・ラジャスタンChambal Power社(CPL)7.5 MWバイオマス発電プロジェクト」との一部として利用されました。このプロジェクトは、インド北西部のラジャスタン州において、バイオマスを燃料とし7.5MWの電力を供給することができるバイオマス発電事業。この事業により年約5万トンの温室効果ガス削減が可能なります。

カーボンオフセット証明書.JPG

 「カーボンオフセット」とは省エネなどの努力をしても、どうしても排出してしまう温室効果ガスを自分ではない別の場所・別の人が行う「温室効果ガス削減事業」を支援して削減効果を得ることで差し引きゼロにするという考えです。

« バレーボール☆ | トップページ | 仲良しライフガード!! »

02マニャガハ島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バレーボール☆ | トップページ | 仲良しライフガード!! »